巻き爪ロボ

巻き爪ロボは効果あり?治るまでの期間やうまく矯正するコツ【検証画像あり】

更新日:

巻き爪ロボ 効果

巻き爪ロボに効果は本当にあるのか、巻き爪を完治させることはできるのか。

医療機器なので効果は当然あるのですが、使ったことがない人は不安だと思います。

実際に巻き爪ロボで矯正した前後の画像も参考にして、巻き爪ロボの効果や、頻度・期間、うまく矯正するコツ、すぐに戻ってしまう場合の対処法などについてまとめてみました。

 

効果はあるの?

巻き爪ロボを実際に使って矯正した前後の画像です。

巻き爪ロボの使い方|準備から矯正の手順を詳しく解説」の記事のときのものです。

矯正前の画像

巻き爪ロボ矯正前

矯正後の画像

巻き爪ロボ矯正後

重ねてみると・・・

巻き爪ロボ 矯正前後

う〜〜〜〜〜ん・・・、これは・・・・微妙。
正直、ちょっと分かりにくいよね…。画像で検証してみるとこんなものなのか…。

言い訳させてもらうと、そもそも自分の場合、これまでに何度も矯正してきているので、今回の矯正前が大して巻いてる状況じゃなかったんですよね。

この時は、記事を書くために矯正したようなものなので、痛みが出ていたわけでもありませんでした。

巻き爪を矯正するものなので、巻き爪と呼べない様な状態じゃ、矯正もできませんよね…。

とは言え、1mmずつくらいは矯正できていて、爪と肉との間にすき間ができているのが、なんとか分かってもらえると思います。使い続ければ、ここまで平らな爪で過ごすことができます。

巻き爪ロボの効果ビフォーアフターの写真は、こちらを参照してみてください。

病院で巻き爪ロボによる矯正を行ったことが詳しく書かれていますので、ここよりもずっと信頼できるデータになっています。

巻き爪ロボによる矯正では殆どの症例が処置開始初回で爪の皮膚への陥入は解除できた.多くの巻き爪症例は爪の根元から変形しており,矯正後 1 週間前後で元の形状に戻る傾向がみられたが,処置を繰り返し継続することで爪甲の弯曲は徐々に矯正され,皮膚への陥入を解除することが可能であった.透析時間を利用した今回の巻き爪矯正方法は合理的で有効な方法である.

僕たちは病院でも活用されているんです。

 

頻度は?毎日やる?完治するまでの期間は?

巻き爪ロボ 期間

基本的には、効果は矯正すればすぐに出ます。

ですが、自分の場合は、いずれまた巻いてくるので、数ヶ月に1回・1年に3〜4回くらいのペースで巻き爪ロボを使っている感じでしょうか。

巻き爪ロボ 期間

毎日やるのは、さすがに爪にダメージが大きいのではないかと思うので、最低でも数日から1週間は空けて矯正するほうがいいのかなと思います。

と言いながら、実は連続で2回とかやったこともあります。でも1回でも効果は出るし、めんどくさいのでやらなくなりました。

巻き爪において「矯正によって完治する」というのは難しいかなと思います。巻き爪は、原因要素を無くさないと、また巻いてくるものと、個人的に解釈しています。

また巻いてきて、痛みや違和感を感じるようになったら、巻き爪ロボで矯正するようにしています。

 

巻いてきたらまた矯正すればいいという考え方

例えば、「爪と髪の毛は成分が似ていて、性質も近い」と言われます。

「くせ毛」に悩まされていて、ストレートパーマを当てる人も多いです。曲がった髪の毛をストレートパーマでまっすぐに矯正します。

でも髪の毛は伸びるので、根元からくせ毛が生えてきます。パーマ自体も落ちてきます。髪の毛が曲がってきたらまたパーマで矯正します。

巻き爪も同じように、巻いてきたらまた巻き爪ロボで矯正すればいいと考えるようになりました。

巻き爪矯正 繰り返す

んー、なんかよく分からない例え…

「最近痛いな」と思ったら、巻き爪ロボで矯正をします。

すると、しばらくは快適で問題ありません。

また、「最近痛いな」と思ったら、巻き爪ロボで矯正をします。

これを繰り返せばいいのです。

ストパーは自分ではなかなか難しく、回数を重ねればコストもかかりますが、巻き爪ロボは自分で好きな時にできるし、高い値段ですが1回買えば長く使えます

無理なやり方をしないで丁寧に扱うようにしていますが、3年以上は使えています。巻き爪ロボはしっかりと作られている製品だと思います。

 

手の爪や足の親指以外の爪にも使える?

巻き爪に悩まされている人の多くは、「足の親指」だと思います。

ですが、手の爪や足の他の指の爪が巻き爪になることだってあります。

ネイルが原因となることもあると聞いた事があります。

手の爪や、足の親指以外の爪も、巻き爪ロボAなら対応できます

巻き爪ロボ 手

実際に矯正をしたことはありませんが、足の親指の爪よりはデリケートだと思うので、効果は出やすいかもしれませんが、慎重にやるようにしてください。

 

うまく矯正するコツ

「効果なし」「治らない」という声もあるようですが、しっかりと取扱説明書に沿った使い方ができていないのかもしれません。

巻き爪ロボの使い方 解説
巻き爪ロボの使い方|準備から矯正の手順を画像&マンガで分かりやすく解説

巻き爪ロボの仕様方法・使い方について、実際にやりながら写真とマンガで解説していきます。 準備段階(爪をスクエアカットに・深爪はNG)、各部の名前、爪押さえのセットから、巻き爪ロボを実際に使っての手順( ...

続きを見る

特にしっかりと行いたい部分が2つあります。

  • 温浴で爪を軟化させる
  • ドライヤーでの乾燥

温浴時間が不足してしまうと、矯正時に爪が割れやすくなってしまいます。

「普通の厚さの爪で約20分」「適温は38℃~42℃」というのは実は、実験によって導き出された数字です。

巻き爪ロボ 温め

爪は十分に吸湿することで、1/3〜1/4程度まで軟化、限界値まで柔らかくなるのは、20分程度かかるという結果が出ています。

しっかりと適温で、20分(爪が分厚い人で30分)温浴し、爪を柔らかくしましょう。

温浴温度と時間

38℃〜42℃で、約20分。しっかりと爪を柔らかく。

ドライヤーでの乾燥ですが、こちらも実験によって導き出されています。

巻き爪ロボ 乾燥

吸湿軟化した爪が元の硬さに戻るまでの乾燥時間を求めた実験なのですが、約3分で爪が元の硬さに戻るという結果が出ています。

これは切った爪であり、ドライヤーの位置がかなり近く、爪が小さいことからの結果であり、「人体から切り離されていない爪の場合は、約3倍の10分程度乾燥させなければいけない」という結論が出ています。

ドライヤーの時間

約10分かけて、しっかりと乾燥させる。
巻き爪ロボの効果は、大学の研究にも裏打ちされた確かな根拠が背景にあるんですね

※株式会社鹿浜製作所と東京電機大学工学部・柳田明准教授の協力による数値シュミレーションより

 

すぐに戻るという声が多いですが

矯正したときは効果があったけど、すぐに戻ってしまった」という声もよく見かけます。

確かに、巻き爪ロボで矯正した爪は戻りやすいんです。
これには、ちゃんと理由があります。

爪の矯正による変形が大きいと、爪と肉のすき間が大きく空いてしまいます。

巻き爪ロボ すき間

爪は短時間で矯正することができますが、巻き爪により変形させられていた肉は、爪にくっついてすき間が埋まるまでには、数週間から数ヶ月かかるんです。

この期間、外からの圧力が爪に大きくかかることになるので、矯正前の状態に戻りやすくなってしまうということなんだそうです。

自分は、乾燥後は、靴下やスリッパなどの外圧もかからないように、就寝前に矯正するようにして、しっかり乾燥させた後は、素足で寝るようにしています。

爪が戻りやすい期間は、コットンを詰めて戻りを抑えるとか、いろいろ考えてみましたが、同じく鹿浜製作所さんが製作・販売している「巻き爪ブロック」を併用するのが1番効果的だと思います。

 

巻き爪ブロックを併用することで戻りを抑えて相乗効果を

巻き爪ブロック

巻き爪ブロックを装着することで、爪の両端を持ち上げる力をキープできるので、爪が戻るのを抑えながら、肉の隆起を待つことができます。

ワイヤーやプレート、クリップタイプなど他にも同様の商品は世の中にありますが、この巻き爪ブロックも巻き爪ロボ同様、長年高い評価を得てきた製品です。
巻き爪ロボ+巻き爪ブロックが最強コンビだと思います。

 


▼ 公式サイトはこちら ▼



公式サイトで見る

シェア・いいね よろしくお願いします

-巻き爪ロボ

Copyright© 巻き爪ロボを実際に使い続けての感想 , 2019 All Rights Reserved.