巻き爪ロボ

巻き爪ロボの使い方|準備から矯正の手順を画像&マンガで分かりやすく解説

更新日:

巻き爪ロボの仕様方法・使い方について、実際にやりながら写真とマンガで解説していきます。

準備段階(爪をスクエアカットに・深爪はNG)、各部の名前、爪押さえのセットから、巻き爪ロボを実際に使っての手順(装着・仮固定→温浴・爪の軟化→ネジを締めて矯正→乾燥)を、詳しく見て行きましょう。

自分も使えるのか不安という人に分かりやすいように詳しく書きました。一度見て下さい。

文字で書き出すとめんどくさそうに見えてしまうんですが、慣れればなんてことはありません。
足や爪の画像が大量に出てきます。「閲覧注意」という程ではないですが、不快な気分にさせてしまったら申し訳ございません。

 

巻き爪ロボでの矯正に入る前の準備段階

実際に矯正に入る前に、爪を整えておいたり、各パーツの名前、爪押さえパーツを本体にセットするなど、準備段階があります。

 

爪をスクエアカットに整えておく|深爪はNG

巻き爪ロボで矯正する前に、爪を最適な状態に整えておく必要があります。

「深爪」や、両端を切り過ぎている状態では、フックがうまくかけられなかったり、ズレてしまったりします。

そんな状態の人は、まずは爪を伸ばす必要があります。

巻き爪ロボで矯正を行うために最適な爪の切り方は、両端を伸ばして、先端を平らにカットした状態です。フックをかける位置をできるだけ平らに残しておきましょう。

スクエアカット 切り方

この切り方は「スクエアカット」という名前で、巻き爪予防に効果があるといわれています。深爪は、巻き爪を進行させてしまう悪い爪の切り方と言われます。

深爪はダメ スクエアカット

自分も常にこんな感じになっています。

巻き爪 スクエアカット

マニュキアなどは爪の水分吸収を妨げてしまうので、事前に除去しておきましょう。

 

各部分・パーツの名前

念のため、巻き爪ロボの各部・パーツの名前を確認しておきましょう。

巻き爪ロボパーツの名前

基本的な作用としては、ツマミを回すことで、調節ネジが締まっていき、プランジャーが潜ります。

プランジャーに接するバネ(内部)の反発でフックが持ち上がる、という仕組みになります。

 

爪押さえパーツを本体にセット

爪押さえパーツ

爪押さえパーツをパチっと押し込んでセットします。2つのフック部分はツマミ側に上げておくとやりやすいです。

ケースから爪押さえパーツが外しにくい時は、本体のフックを利用すると外しやすいです。

爪押さえ 外す

 

爪押さえパーツのサイズと選び方の目安

巻き爪ロボ 爪押さえ

爪押さえパーツは、爪の状況に応じて最適なサイズを選ぶようにします。

爪押さえのサイズ・目安

サイズ・幅 目安
SSサイズ 幅5mm 足の親指以外や手の爪
Sサイズ 幅7mm 大きく巻いた親指の爪
Mサイズ 幅9mm 爪幅が10〜13mm程度
Lサイズ 幅11mm 爪幅13〜15mm程度
LLサイズ 幅13mm 爪幅15mm以上

巻き爪ロボBは、片側を持ち上げるもので「Sサイズだけ」が付属しているので、これを使います。

関連記事 巻き爪ロボには2種類ある!AとBタイプ別の違いと選び方について

 

では、具体的な使い方について詳しく書いていきます。基本的には、同封されている取扱説明書に沿って進めていきます。

 

巻き爪ロボの使い方・手順

ここからは、実際に巻き爪ロボを使用した矯正に入っていきます。

取扱説明書の手順通りに解説していきます。

詳しい説明書が同封されているので、初めての人でも安心です。
ここからは写真メインで進めていきます。

巻き爪ロボ 使い方 説明

 

巻き爪ロボを爪に装着し仮固定

巻き爪ロボ装着 固定

フックを爪の奥の方に向かって、爪と肉の間を滑らせるように挿入します。

巻き爪ロボBの場合は、「変形が大きい側に短いフック」または「爪が分厚い側に短いフック」をつけます。

左右は平行になるように、付け根側に押し込むようにします。

無理に痛みが出るほど押し込まないようにしましょう。

爪押さえパーツは、爪の先端と平行になるようにし、ネジと一直線になるようにします。

巻き爪ロボBの場合は、爪押さえパーツが変形部分の頂点に来るようにします。

ツマミを時計回りに回して、ネジを締めていきます。

 

締めきってしまわずに「気持ちいいな」くらいでOK

ツマミを回して巻き爪ロボを固定するときに、「できるだけまっすぐにしたい!」と回してしまいたくなりますが、この時点では、無理矢理締めようとしないで、「爪が押し上げられている力」を適度に感じるくらいまでツマミを回してネジを締めます

巻き爪ロボは、内蔵されたバネとネジによる「W矯正機構」によって、矯正力と矯正量を制御する仕組みになっています。

バネの力で矯正

セットから温浴中は、バネの力でソフトに矯正されています。

ネジを締めていき、プランジャーにすき間があるうちは、内蔵バネだけの矯正力が働きます。

プランジャーは、0.1mm潜るごとに40gの矯正力が働き、ツマミ1回転で240gの矯正力になっています。

巻き爪ロボ矯正力

難しいことは省いて、この段階では少し持ち上げられていて「気持ちいいな」と感じるくらいでOKです!かといって、巻き爪ロボがユルユルでスルッと抜けてしまう状態ではダメです。

 

温浴して爪を軟らかくする【約20分】

巻き爪ロボ 温浴

巻き爪ロボを装着したまま、お湯で約20分間温浴し、爪を軟らかくします。

適温は38〜42度くらいということなので、一般的なお風呂の温度くらいですね。

今回は写真を撮ったり、この記事用に文章を書く都合上、バケツを使ってやりましたが、普段はお風呂でやってますし、その方がやりやすくてベストだと思います。

バケツなど小さい容器だと、湯量が少ないので温度が安定しません。適温をキープしようとすると、途中でお湯を足すことで温度を調整しなければいけないので、めんどくさいです。

神経質にならなくても、少々温度が下がっても大丈夫なようです。

爪が柔らかくなった目安は、爪の中央部を上から手で押してみて、無理なく内側に曲がる程度です。

爪が分厚い人は30分にしてみるなど調整しましょう。

 

ツマミを回してネジを締めて強力に矯正していく

巻き爪ロボ使い方 矯正

爪がしっかりと軟らかくなったら、さらにツマミを時計回りに回して、ネジを締めて、強力に爪の両側を持ち上げて矯正します。

ネジの力で強力に矯正されます。プランジャーが潜りきったら、ねじ込み量を加減しながら矯正します。1回転で0.6mmで強力に矯正。

一度、ツマミを緩めて、巻き爪ロボのフックをさらに奥側に移動させてからネジを締めていくのもひとつです。

巻き爪ロボBの場合は、爪のカーブが左右均等になるように浮かせます。

巻き爪ロボB 使い方

ここで矯正した形が仕上がりを決めるので、爪と押さえパーツが平行になるように整えて、できるだけ左右均等に持ち上げるようにしましょう。

爪が分厚く硬くて持ち上げにくい場合は、温浴時間を長くしてみましょう。巻き爪ロボ装着前に、先に温浴して爪を軟らかくしておくのも効果的。
これで終わりではありません!巻き爪ロボはまだ外さないでください。この次の作業もしっかりと時間をかけてやる必要があります。

 

ドライヤーで乾燥させて硬化させる【約10分】

巻き爪ロボ 乾燥

この作業がスゴく大切です。適当にせずに、しっかり乾燥させましょう。

巻き爪ロボを装着したまま(爪の両端が持ち上げられている状態)で、ドライヤーを使って爪を乾燥・硬化させます。

矯正した形のままで固めててしまおうと言うわけです。

時間をかけてじっくりと、10分間くらいはやります

乾燥が不十分だと、元の形に戻りやすくなってしまいます

より高温で長時間乾燥させるほど効果は上がるようですが、火傷しないように気をつけましょう

爪の端を少しだけ切ってみて、「パチン」と破片が飛ぶように切れたらOK。サクッと切れる感じでは不十分です。

しっかりと乾燥させた後、ツマミを緩めて巻き爪ロボを外します。

 

巻き爪ロボの使い方について まとめ

お疲れさまでした。巻き爪ロボでの矯正は以上です。「できるだけ詳しく・画像も多めに」と思って書いていくと、長くなり過ぎました。

スクエアカット フックをかける

ネジを巻き込んで固定

温浴で爪を柔らかく

しっかり巻き爪を矯正

ドライヤーでしっかり乾燥

矯正した形を保つ

  • 爪押さえパーツを取り付ける
  • 本体を巻き爪に装着・仮固定
  • 温浴して爪を柔らかく
  • ネジを締めて強力に矯正
  • ドライヤーでしっかりと乾燥

これで、約30分の工程になります。

今回、巻き爪ロボで矯正した結果、どのくらいの効果があったのかについてはこちらの記事で描いています↓
巻き爪ロボの効果
巻き爪ロボは効果あり?治るまでの期間やうまく矯正するコツ【検証画像あり】

巻き爪ロボに効果は本当にあるのか、巻き爪を完治させることはできるのか。 実際に巻き爪ロボで矯正した前後の画像も参考にして、巻き爪ロボの効果や、頻度・期間、うまく矯正するコツ、すぐに戻ってしまう場合の対 ...

続きを見る

 


▼ 公式サイトはこちら ▼



公式サイトで見る

シェア・いいね よろしくお願いします

-巻き爪ロボ

Copyright© 巻き爪ロボを実際に使い続けての感想 , 2019 All Rights Reserved.